ピーター・ドラッカーの名言 Peter Drucker

ピーター・ドラッカー(Peter Drucker)Wikipediaより

忙しい人達が、やめても問題ないことをいかに多くしているかは驚くほどである。
なすべきことは、自分自身、自らの組織、他の組織に何ら貢献しない仕事に対しては、ノーと言うことである。

ピーター・ドラッカー Peter Drucker

オーストリア出身の経営学者 社会学者 1909~2005


命の時間は限られています。
限られた時間をどこに使っていくかは、自然界ではとても重要な問題です。

夢を目指してチャレンジしていても、ただ漫然と日々を過ごしているだけでも、やることはどんどん膨らんでいくものです。そして気づいたら、やるべきでないこともたくさん抱えている状態になってしまいます。これは自然なことです。

大切なのはこの状態に気づいた時に、いかに手放すことを決断、実行できるかです。
やることをできるだけ絞り込んでいくことです。

そしてまたチャレンジを進めていくと、やっていることが膨らんできますから、その都度何度も絞り込んでいくことですね。

しかしこの絞り込みがなかなか決断、実行できずに、大いなる無駄な時間を浪費しているケースはとても多く見かけられます。

どうぞ、やるべきことを常々絞り込んでいくことを実践していってください。
シンプルに絞り込んだチャレンジを自然の植物たちから学んでください。

複雑になるほどに自然界では生きづらくなります。

シンプルに一点集中。自然界で幸せに暮らしていく奥義ですね。

ピーター・ドラッカーさんのこんな言葉もありました。

企業の目的と使命を定義するとき、出発点は一つしかない。
顧客である。


最も重要なことから始めよ。


企業経営のエッセンスは、何かに「卓越」することと「決断」することである。


これまでに紹介したピーター・ドラッカーさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る