ピーター・ドラッカーの名言 Peter Drucker

ピーター・ドラッカー(Peter Drucker)Wikipediaより

不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。
自らの強みに集中すべきである。
無能を並みの水準にするには、一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーと努力を必要とする。

ピーター・ドラッカー Peter Drucker

オーストリア出身の経営学者 社会学者 1909~2005


あなたが取り組んでいる夢の実現、天賦の才である天才磨きにとって、強みにどこまでもフォーカスすることは本当に大切なことです。

例えばチームスポーツで、あるポジションにおいて足の速さが第一義的に要求されて、その能力が他と比較して劣ってるケースがあったとしましょう。

また身体の大きさ、身長の高さなどが同じように要求されるポジションでもいいでしょう。

こういうケースでは一般的には周囲の評価は、才能がない適正がないと判断しますし、自分自身でも悲観してしまうことが多いですね。

この状況で足を速くしよう、背を高くしようとしても、走る速さや身長は飛躍的に伸びることはまずありませんから、そこにフォーカスしている限り才能を伸ばすことは出来ません。

最終的にはチームの勝利に誰よりも貢献できるような自分になればいい訳ですから、自分に出来ること、他の人より抜きん出られるところ、他の人がやらないこと、そういう部分にフォーカスする以外生き残っていくことは出来ません。

また自分では得手、強みだと思っていたところが、実はそれほどでもなかったというようなケースもあります。
逆に不得手だと思っていたことを強みに出来ることもありますね。
決して好きなことだけが強みになるとは限りません。

あなたが生き残る術が、そのままあなたの強みになります。

もちろん心が感じるやりたくないこと、やってはいけないことは強みにはなり得ません。

足を速くすること、身長を高くすることに多くの時間を割いてしまっては、他の伸びる余地のある部分を育てる時間が無くなってしまいます。

これ意外と自分自身でも勘違いして伸び悩んでいる人は多いものです。

もちろんやることを愛してる、どうしても実現したいことであることは大前提ですが、周囲の評価や周りの状況に振り回されたり悲観することはありません。

最終的に誰よりもチームに貢献できたり、あなたの創り上げた天才で幸せを感じてくれる人にたくさん届けられればいいんです。

あなたにしか出来ないことを伸ばしていくことが、そこに多くのエネルギーを集中させることが一流を超える秘訣です。

どうぞあなたの「本当の強み」を発見して育て上げてください。

ピーター・ドラッカーさんのこんな言葉もありました。

経営者と知識労働者にとっての唯一のツールは情報である。


現実が主人である。
カリスマの公約、プログラム、思想に対し現実のほうが膝を屈することはない。


真のマーケティングは、顧客から出発する。
すなわち人間、現実、欲求、価値から出発する。


これまでに紹介したピーター・ドラッカーさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る