イチローの名言 Ichiro

イチロー(Ichiro)Wikipediaより

壁というのは、できる人にしかやってこない。
超えられる可能性がある人にしかやってこない。
だから、壁がある時はチャンスだと思っている。

イチロー Ichiro

プロ野球選手 メジャーリーガー 1973~


壁、障害を前に悲嘆にくれて立ち止まり、命の大切な時間を無駄に過ごしているケースもあまりにも多いですね。

壁や障害に遭遇したら、まさにこの言葉のようにチャンスだと捉え、嬉々としてチャレンジしていくような「習慣」を身につけていくことです。

同じことをやるにしても、いやいややるのと嬉々としてやるのとでは結果に大きな違いが現れますし、可能性の道の見え方が違ってきます。

そうしていくための第一歩は、やはりこの言葉にある「できる人」「超えられる可能性がある人」にしか壁や障害は見えてこない、感じられないという自然界の真理を真に理解して、思考習慣にしていくことです。

明らかにできないことは、壁や障害として自分自身の目の前に現れないことは日常遭遇している様々なことを注意深く観察していくとわかってくるでしょう。

そして、無限の可能性のある自然界では、壁や障害をブレイクスルーしていける道は必ずあるということも思考、行動習慣として身につけていくことですね。

壁や障害のような、感情的にネガティブな現象に遭遇したらどうぞ喜んでください。
そして自分自身の進化のために大切なことだと認識してチャレンジを即座に始めてください。

平坦な何の障害もない道を、何のストレスもなしに歩いていて成長、進化できることはまずありません。

壁は人生の大いなるチャンス。
こう捉えられるあなたの感性が、あなたに大いなる愛を引き寄せてくれますよ。

イチローさんのこんな言葉もありました。

他人の記録を塗り替えるのは7割、8割の力でも可能だが、自分の記録を塗り替えるには10以上の力が必要だ。


人に勝つという価値観では野球をやっていない。


今自分がやっていることが好きであるかどうか。
それさえあれば自分を磨こうとするし、常に前に進もうとする自分がいるはず。


これまでに紹介したイチローさんの言葉です。

(浜本哲治)

マリナーズ時代のイチロー(2002年)Wikipediaより
マリナーズ時代のイチロー(2002年)Wikipediaより

LINEで送る