イチローの名言 Ichiro

イチロー(Ichiro)Wikipediaより

自分のできることをとことんやってきた。という意識があるかないか。
それを実践してきた自分がいること、継続できたこと、そこに誇りを持つべき。

イチロー Ichiro

プロ野球選手 メジャーリーガー 1973~


夢や理想を明確に持つことは、まず何よりも大切なことです。

目指すものと現在の自分とのギャップを把握して、夢に向かって出来ること、やるべきことをはっきりさせるためにはどうしても必要なものです。

ときに夢を憧れのままにして、今出来ることを精一杯やっていればいつか憧れが近づいてくると考えられているケースがありますが、どちらも出来ることを精一杯やることは同じなのですが、その内容が全く違ってきますので、夢に向かうか現状とそれほど変わらないかの差を生む結果になります。

夢に向かって出来ること、やるべきことを明確にした上でそれを毎日とことんやり尽くせているか。

もし夢ややるべきことは明確になっているのに、行動が伴わない、やり尽くせていないという感覚があるとしたら、ひとつは今目指している夢や目標を遠くに置き過ぎていることが考えられます。

あなたの最終的な夢は、今のあなたがあなたの天才でイメージできる究極の理想を夢とするべきですが、それだけを見ていては、日々小さな歩みでしか進んでいきませんから、進み具合や達成感を感じられず、やっていることに疑問を感じたり継続していくことが難しくなります。

また近い夢や目標があっても、そこばかりに気を囚われていると、どんな成果も目標に向かって直線的には現れてきませんから、成果の挙がってこないことに心を奪われて、やるべきことを尽くすことが出来なくなります。

夢はギャップをはっきりさせて、そこに向かうやるべきことを決めたら、とりあえずは忘れてしまうことです。

やるべきことをとことん最高にやり尽くしていれば、いずれ夢には辿り着くことになります。

この段階では、夢に近づいたことより、やるべきことを尽くせているか、それを継続できているかに満足感と達成感を感じることです。

自然の植物たちも、ただ好き勝手に成長しているのではなく、明らかに自分の目指す姿をイメージして、そしてそれを目指して今日を精一杯生きています。

植物の成長の姿を見ていると、その両方の最高の姿を教えてくれています。

今日も心残りなく夢に向かってやるべきことをやり尽くせましたね。

明日もやり尽くすべきことは明確になっていますね。
あなたの素晴らしい夢に向かって。

これまでに紹介したイチローさんの言葉です。

(浜本哲治)

三塁を駆け抜けるイチロー 2007年9月22日のロサンゼルス・エンゼルスとの試合にて。Wikipediaより
三塁を駆け抜けるイチロー 2007年9月22日のロサンゼルス・エンゼルスとの試合にて。Wikipediaより

LINEで送る