稲盛 和夫の名言 Kazuo Inamori

稲盛 和夫(Kazuo Inamori)Wikipediaより

感謝の心が幸福の呼び水なら、
素直な心は進歩の親であるかもしれません。

稲盛 和夫 Kazuo Inamori

実業家 京セラ・第二電電[現KDDI]創業者 1932~


感謝の心を持ちなさい。
よく言われることですね。
とても大切なことであることは言うまでもありません。

ただ感謝の心になっていないのに、言葉や態度だけで、それを表現するということは心を偽っていることになります。

これは、もちろん相手にも伝わるものですね。

感謝の心は、感動の心から生まれます。
感動を誰かから受け取れば、思考ではなく、心から感謝の言葉や、態度になり、感謝の心は自然に芽生えてきます。

もし子どもや誰かに、感謝の心を持つことの大切さを伝えたいのであれば。

感動する心、感じる心を育んであげることです。

そして、ひたすら感動を届けることです。

感謝の心を持ちなさい。
感謝の心を持たなきゃ。
で、芽生える心ではありませんね。

「呼び水」これも大切なことですね。

井戸水を汲み上げる、手押しポンプや、エンジン式のポンプもそうですが、呼び水を入れないと、深いところの水を汲み上げることは出来ません。

この呼び水は、私たちのあらゆる場面で必要なものですね。

あなたの夢も、天才もそうでしょう。
この言葉のように、幸福などの、引き寄せるものにも当てはまりますね。

今あなたが、思考ではなく、心が感じた、夢を実現していこうとしたり、天才を磨いていこうとしているのなら、迷わず極めていこうとするべきです。

それは最高の呼び水になって、最短で本物に遭遇することになります。

例え打算や思考で、やっていることでもいいでしょう。
それをとことん追求して、第一人者になることを決断して、行動を開始してください。

やはりそれが呼び水になって、本物を汲み上げることになります。

多くの場合、呼び水を使うことなく、ひたすら汲み上げられることのない、水を期待するかのように一発必中を狙って彷徨っているか。

呼び水をいれながら、レバーを懸命に漕いで汲み上げようとしないように、追求することが中途半端の、どちらかのケースが多いですね。

イメージ力を培うのにも、呼び水は大切な役割を果たします。

いきなり想像できない夢を、イメージしようとしても無理があります。

どんなことでもいいので、イメージ出来ることから、そのイメージを膨らませるなり、発展、転換していくやり方が、明確なイメージを構築していく確実な方法でしょうね。

素直な心。
これは間違いなく進歩の母です。

柔軟性のない心、素直になれない心に、なっていることを感じていたら、あなたの進化は確実に失速していきます。

伸び悩みを感じていたら、まずチェックするのは、この心ですね。

これは、自分ではなかなか感じられないことがありますから。

あなたが追求していることについて、誰かと話しをしてみるといいでしょう。
その話しの中で、あなた自身が感じられることもあります。

また信頼できる人であれば、客観的にチェックしてもらってもいいでしょう。
あなたが気づかないことを、きっと教えてくれますね。

どうぞ感動できる心を育んで、今あなたが感じている夢や天才を、ピュアな心でとことん追求していってください。

確実にあなたの天才は磨かれ、夢が近づいてきますね!

これまでに紹介した、稲盛和夫さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る