松下 幸之助の名言 Konosuke Matsushita

松下 幸之助(Konosuke Matsushita)Wikipediaより

これからは競争から共生に、搾取から互助、物と金から心と愛になっていくだろう。

松下 幸之助 Konosuke Matsushita

松下電器産業創業者 1894~1989


松下幸之助さんが亡くなられてから20年以上の時が経っていますが。

さて、どこまで世の中は変わったでしょう。

自然の摂理に照らしてみると、まさにこういう変化が必要でしょうね。

競争から共生。搾取から互助。
少し気づき始めたところでしょうか。

自然との共生は、地球にかなりのインパクトで気づきをもらったはずですが、自然との共生を真剣に考え、行動が変えられた人がどのくらい居るのでしょう。

人間同士ではどうでしょう。
相変わらず争いは絶えませんし、シェアを争うだけの経済活動もそれほど変化していませんね。

偏見や価値観の押しつけも、学歴を求めた受験競争も相変わらずですね。

物と金から、心と愛。
これもどうでしょう。
まだまだ相変わらずでしょうか。

モア&モアは止まりませんね。
大半は拝金主義、経済至上主義でしょうか。

これまでの資本主義の形態で進んで行くとどうなるか。

自然を犠牲にしているところだけ見ても、立ち行かなくなることは、たぶん多くの人は感じているのでしょうが。

人間の手で変えていくのは難しいのでしょうかね。

人間が自ら気づき変えていかないと、地球に、自然に変えさせられることになっていくでしょう。

江戸から明治、戦前から戦後の価値観の変化を超えるような、転換を求められているのかもしれません。

3.11が日本で起こったという意味を、日本人はどれだけ感じているのでしょう。

世界に先駆けて、日本人らしさを発揮して、やらなければならないことがあるような気がしますね。

これまでに紹介した、松下幸之助さんの言葉です。

(浜本哲治)

浅草寺大提灯 Wikipediaより
浅草寺大提灯 Wikipediaより

LINEで送る