松下 幸之助の名言 Konosuke Matsushita

松下 幸之助(Konosuke Matsushita)Wikipediaより

時には常識や知識から開放され、思いつきというものを大切にしてみてはどうだろうか。

松下 幸之助 Konosuke Matsushita

松下電器産業創業者 1894~1989


もちろん常識を知ることは必要なことです。
常識をわきまえTPOに応じて常識的に振る舞うことは大切なことです。

ただ常識に囚われてしまうのは考えものですね。

私は自然のこと、人間の脳や身体のことを研究していますが、常識と思われていたことがことごとく不自然なことで、それは本来非常識と言った方がいいことだろうと思えることがたくさんあります。

そのために自然が破壊され、人間が不健康になり、さらにその負の遺産を未来へ先送りしようとしています。

常識と言われていることは一度疑ってかかった方がいいですね。

知識ももちろん大切なものです。
知識を持つことで仕事もやるべきことも間違いなくスムーズに進みます。

しかし知識がないから何も出来ないと思うのは間違いです。
知識なんてものは、学ぶ気になりさえすればいつからでも習得することができますからね。

常識も知識も閉塞感がある場合には、そこがブレイクスルーのポイントになる可能性も大きいです。

思いつき、閃きをいい加減なものとする風潮がありますが、これもなんとかした方がいいでしょう。

常識や知識を知った上でオーバーザトップするか、それをあえて手放しゼロベースの発想を創造してみるか、ここで大切になるのが思いつき、閃きです。

世の中常識に囚われ過ぎている人が多すぎますね。

自分自身をも常識という得体の知れないもので縛り付けているケースもあります。

常識が全て正しいとは限りません。
常識の壁を突き破ることが必要な時も大いにあります。

そもそも「常識」って何でしょう?
最大公約数で出来上がったもの、前例を踏襲したもの、誰かが意図的に創ったもの、自分自身の思い込み。etc.

私は自然の摂理に叶ったものが常識となるべきだと考えています。

人間生活を円滑にするために守った方がいい、守らなければいけないものももちろんありますが、日本の常識は世界の非常識ということもありますね。

もう一度言います。
常識は一度検証してみる必要があります。

そして常識、知識をブレイクスルーすることで新しいものが見えてくること、より良い世界になること、これは本当に多いでしょう。

常識に囚われ過ぎていませんか?
実は不自然、非常識を常識と勘違いしていませんか?

これまでに紹介した松下幸之助さんの言葉です。

(浜本哲治)

松下幸之助創業の地(パナソニックグループ発祥の地)の案内看板 Wikipediaより
松下幸之助創業の地(パナソニックグループ発祥の地)の案内看板 Wikipediaより

LINEで送る