ヘレン・ケラーの名言 Helen Keller

ヘレン・ケラー(Helen Keller)Wikipediaより

いつも太陽の光に顔を向けていなさい。
そうすれば影を見なくてすむ。
いつも真理に目を向けていなさい。
そうすればあなたの心から不安や心配は消える。

ヘレン・ケラー Helen Keller

米国の社会福祉活動家 教育家 著述家 1880~1968


人間はどうも影を見るのが好きですね。

見ていてもどうにもならないこと、見ているだけで暗くなってしまうような影を見て立ちすくむことを愛しているのではないかというほどに、境遇、環境、人のすることに不平や不満が渦巻いていますね。

また自分自身にさえも出来ないことを責めてみたり、出来ない理由ばかりを探してみたり。

日本人気質が醸成された教育もそうですね。
短所ばかりにフォーカスして矯正しようとして、右にならえの金太郎飴を育てて創造性も奪ってしまう。

これは真理に目を向ける感性も育てていません。

光だけを見ていても、長所だけを見ていても、いずれにしても影はみることになりますから、あえて影を見ようとすることはありません。

短所なんてどうでもいいんです。
長所を伸ばしてあげればどうにでもなります。

出来ないことなんてどうでもいいんです。
出来ることを懸命にやっていれば充分です。

無い物ねだりをしても意味がありません。
ある物で天才の花は咲かせられるんです。

そしてあなたのやってることや夢が上手くいかない、実現していかないのは、また不安や心配や怖れがあるのは、突き詰めていくと真理を、自然の摂理を知らないからだけです。

世の中は非常にシンプルに出来ています。
それを複雑にしているのは私たちの「思考」です。

そして充分に感じていて欲しいこと、知っておいて欲しいことは、私たちに与えられた時間には限りがあることです。

何でも出来るからあれもこれもでは人生の時間は少な過ぎます。

天才を発露させた人は、何でも出来る状態でも「これしかない!」と追求できた人たちですね。

ヘレン・ケラーさんのこんな言葉もありました。

世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。


顔をいつも太陽のほうにむけていて。
影なんて見ていることはないわ。


希望は人を成功に導く信仰です。
希望なしには何事もできません。


これまでに紹介したヘレン・ケラーさんの言葉です。

(浜本哲治)

マサチューセッツ州テュークスベリーに設置されているヘレンとサリヴァンのブロンズ像 Wikipediaより
マサチューセッツ州テュークスベリーに設置されているヘレンとサリヴァンのブロンズ像 Wikipediaより

LINEで送る