ヘレン・ケラーの名言 Helen Keller

ヘレン・ケラー(Helen Keller)Wikipediaより

一番大事なことは、どんな環境が必要かということではなく、どんな考えで毎日生活しているか、どんな理想を追い求めているか、ということなのです。

ヘレン・ケラー Helen Keller

米国の社会福祉活動家 教育家 著述家 1880~1968


人間の行動には、必ず理由があります。

なぜ、その行動を起こしたか。
無意識の習慣になっている行動にも、
その目的があります。

その行動の積み重ねが、
時間の経過とともに、
私たちを、行動の結果として、
行動に見合った場所に連れていってくれます。

今、あなたがいる場所も、
過去の、ひとつひとつの、
理由のあった行動の結果ですね。

ほんとに、小さな、踏み出す一歩、
小さな分岐点の選択、
今、あなたが、この瞬間に、
やっていることの結果が、
未来という形で、現れてきます。

その小さな、ひとつの行動が、
どこに向けられたものなのか、
一度、自分の行動を、
分析してみても、面白いかもしれませんね。

ひとつひとつの行動に、
あなたの夢の実現のため、
という理由が見つかれば、
素晴らしいことですね。

例えば、ただ、空腹を満たすために、
何気なく、食べる食事と、
健康になろうとして食べる食事は、
自ずと、毎食、食べるものが違ってきますね。

一度の食事を、どういう食事にするかで、
毎日繰り返される、食事の内容で、
未来のあなたの健康は、違ってきますね。

また、アスリートも、
金メダルを目指して、やるトレーニングと、
楽しむためだけにやるための、トレーニングでは、
毎日、どうにでもなる、
小さな、トレーニングという行動の、
中身が全く違ってきます。

あなたの夢の実現のためには、
今から、とる小さな行動が、
すべて、夢に向かっている必要があります。

その行動を変えていくには、
夢や理想をイメージすることなのですが。

これを、本当に明確にしないと、
どう行動を変えればいいのかが分からず、
結局、変えられずいるケースが多いですね。

どういう健康を目指し、
どういう食事が理想なのかが、
明確にならなければ、
現実の食事とのギャップも分からず、
変えようがありませんね。

金メダルを獲るためには、
どれほどの練習が必要なのかが、
分からなければ、変えようがありません。

なんとなく、思い描く夢や理想と、
現実の狭間で、行動を変えられずに、
悩んでいたり。

その行動が、夢や理想に
近づいているのかどうかを、
悶々としている場合は。

その多くが、この理想と現実の、
ギャップを、明確に出来ていないケースですね。

もちろん、夢や理想がなければ、
ひとつひとつの行動が、
ただ、環境に流された行動になりますから、
未来が変わるはずがないのは、
言うまでもありませんね。

今の環境や境遇は、
あなたの出来ることを、やることに、
なんの障害にもなりません。

あなたが、夢と現実のギャップを、
明確に把握して、
出来ることから、夢に向けて、
行動を変えていけば、
自ずと、環境も境遇も変わっていきますからね。

出来ないこと、ないものに、
不満を感じていても、
あまり意味のないことです。

あなたの小さな行動で、
ギャップを埋めるために出来ること、
必ずありますね!

どうぞ、あなたに与えられた、
天賦の才、天才で、
実現したい夢、理想を描いてください。
現実とのギャップを把握してください。
そのギャップを埋める行動が、
チャレンジですね!

(浜本哲治)

 8歳の頃のヘレン・ケラー(左)とアン・サリヴァン(1888年7月)Wikipediaより
8歳の頃のヘレン・ケラー(左)とアン・サリヴァン(1888年7月)Wikipediaより

LINEで送る