ヘレン・ケラーの名言 Helen Keller

ヘレン・ケラー(Helen Keller)Wikipediaより

人生とは、興奮に満ちている仕事のこと。
最も興奮するのは、他人の為に生きるとき。

ヘレン・ケラー Helen Keller

米国の社会福祉活動家 教育家 著述家 1880~1968


自然界の人生を生きること、充実させていくこと、愉しむことは、まさに最大の仕事です。

そしてその愉しみ、充実感は誰かの幸せのために役立っていることを実感する時に最高潮に達します。

大切な人の幸せの実現に役立つことが最高の喜びと感じられるほどに、愛を届け尽くしていないとしたら、こんなにもったいないことはないでしょうし、それではいつまでも充実感、幸福感の高い人生にはなっていかないでしょう。

人生の最高の醍醐味は、毎日実感していけるものでしょう。

毎日出逢う人や存在の、幸せのためにチャレンジしていけばいいわけですからね。

これは自然界の真理でもあり、自然界で目指すべき夢が大切な人の幸せを実現していくことである、所以でもありますね。

人間界の現代社会では、最高の醍醐味を味わえるチャレンジもしないままに、不平不満、不自然なストレスを溜め込んでしまっていることが多くなっています。

どうぞこの真のチャレンジの先に大きな夢の実現があること、最高の人生があることに気づき、日々実践し続けてください。

ヘレン・ケラーさんのこんな言葉もありました。

希望は人を成功に導く信仰です。
希望なしには何事もできません。


物事を成し遂げさせるのは希望と自信です。


言葉というものがあるのを、はじめて悟った日の晩。
ベットの中で、私は嬉しくて嬉しくて、この時はじめて『早く明日になればいい』と思いました。


自分はこの程度の人間だと思った瞬間、それ以上の人間になることが出来なくなります。


これまでに紹介したヘレン・ケラーさんの言葉です。

(浜本哲治)

ヘレンケラーと劇と映画の両方でケラーを描いたパティデューク(1962年) 1979年のリメイクでは、パティデュークがアンサリバンを演じました。Wikipediaより
ヘレンケラーと劇と映画の両方でケラーを描いたパティデューク(1962年)1979年のリメイクでは、パティデュークがアンサリバンを演じました。Wikipediaより

LINEで送る