イチローの名言 Ichiro

イチロー(Ichiro)Wikipediaより

バットの木は、自然が何十年も掛けて育てています。
僕のバットは、この自然の木から手作りで作られています。
グローブも手作りの製品です。
一度バットを投げた時、非常に嫌な気持ちになりました。
自然を大切にし、作ってくれた人の気持ちを考えて、僕はバットを投げることも、地面に叩きつけることもしません。
プロとして道具を大事に扱うのは当然のことです。

イチロー Ichiro

プロ野球選手 メジャーリーガー 1973~


日米通算4000本安打達成、本当におめでとうございます!

素晴らしい偉業を、また達成なさったイチローさんは、子どもたちの、
「どうすれば野球が上手になるのか?」
という質問に必ず、
「道具を大切にしてください。」
と答えるようですが。

道具を大切にするプロの中でも、イチローさんのこだわりと愛情は、群を抜いているでしょう。

事の成就の原点は「愛」です。

夢も愛を届けることですし、私たちが生かされているのも、自然の愛をいただいて実現しています。

アスリートももちろんそうですが、人間のパフォーマンスの源は身体ですね。

その能力を発揮してくれる身体は、自然の恵みの、口にするもので出来上がっています。

道具なども、人間が造った人工の物でも、元を正せば自然の恵みに他なりません。

そういう身体や食べ物や道具などに、どこまで想いを馳せられているか。

その深さが、愛情の深さそのものでしょう。

毎日何気なく食べている子たちが、どこでどういう風に育てられて、どうやってやって来たか。
あまり、思いを巡らせることはないでしょう。

あなたの全ての源である、身体への愛情を深め、健康を保っていくためにも、ぜひ深く思いを向けてください。

大切な道具もそうですね。
どうぞ、もっともっと深く愛情を注いであげてください。

この愛を深く注ぐことも、あなたの才能の追求の大切なひとつですし、自然を、自然の摂理を知ることにもなりますね。

これまでに紹介した、イチローさんの言葉です。

(浜本哲治)

守備から戻るイチロー(2006年)Wikipediaより
守備から戻るイチロー(2006年)Wikipediaより

LINEで送る